レシピページについて

亜鉛を含む食品」のページでは食材ごとの亜鉛含有量について記載しておりますが、本レシピページでは亜鉛を多く含む食品をつかったメニューを提案しています。

掲載レシピ通りに作るだけではなく、亜鉛を多く含む食材を使ってアレンジしていただき、日々飽きずに楽しみながら栄養を摂取していただくことがオススメです。
今後も順次掲載していきますので、是非定期的にご覧いただけますと幸いです。

レシピ監修:東京医科大学腎臓内科教授 菅野義彦先生 ・日本臨床栄養学会 理事長 ・日本病態栄養学会 理事

亜鉛で元気

大豆のキーマカレー

調理時間20分 熱量589kcal 亜鉛4.1mg

ワンポイント

大豆、牛ひき肉と豚ひき肉は亜鉛を多く含む食材です。
たまねぎは具としても楽しむため、あまり炒め過ぎません。

栄養価(1人分)

エネルギー 589kcal

タンパク質 20.2g

カリウム 502mg

リン 215mg

塩分 2.2g

材料(1人分)

たまねぎ 180g

にんじん 30g

にんにく 1.5g

3g

小麦粉 15g

合いびき肉 180g(牛:豚=3:2を使用)

大豆(水煮) 60g

トマト缶 60g

300g

カレールウ 54g

グリンピース(水煮) 5g

ご飯 180g

作り方

たまねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにする。

鍋に油とにんにくを入れて弱火で香りをだす。その後、たまねぎとにんじんを入れて、たまねぎが透き通るまで炒める。

小麦粉、合いびき肉を入れて肉の色が変わるまで炒める。

水煮大豆とトマト缶、水を入れて、弱火~中火で約15分煮込む。

いったん火を止めてルウを割り入れて溶かす。 水切りしたグリンピースを混ぜて、再び弱火で約5分煮込む。

器にご飯を盛って、⑤をかけて完成。

矢吹病院 健康管理科