レシピページについて

亜鉛を含む食品」のページでは食材ごとの亜鉛含有量について記載しておりますが、本レシピページでは亜鉛を多く含む食品をつかったメニューを提案しています。

掲載レシピ通りに作るだけではなく、亜鉛を多く含む食材を使ってアレンジしていただき、日々飽きずに楽しみながら栄養を摂取していただくことがオススメです。
今後も順次掲載していきますので、是非定期的にご覧いただけますと幸いです。

亜鉛で元気

牛肉とカシューナッツの炒め物

調理時間15分 熱量253kcal 亜鉛3.1mg

ワンポイント

牛肉、カシューナッツは亜鉛を多く含む食材です。
最初に香味野菜(ねぎ・しょうが・にんにく)をゴマ油で炒めることで、風味良く仕上がります。
カシューナッツの食感がアクセントになっています。

栄養価(1人分)

エネルギー 253kcal

タンパク質 11.2g

カリウム 328mg

リン 141mg

塩分 0.9g

材料(1人分)

牛肩ロース 50g

カシューナッツ 10g

ピーマン 15g

赤パプリカ 15g

ゴマ油 1g

ねぎ 10g

しょうが 1g

にんにく 1g

オイスターソース 4g

濃口しょうゆ 2g

料理酒 4g

こしょう お好みで

七味唐辛子 お好みで

片栗粉 1g

5g

サニーレタス 8g(小1枚)

作り方

牛肩ロースは食べやすい大きさに、ピーマンと赤パプリカは1㎝角に、ねぎ・しょうが・にんにくはみじん切りにする。

フライパンにゴマ油を熱し、ねぎ・しょうが・にんにくを炒める。

牛肩ロース・ピーマン・赤パプリカ・カシューナッツを加え、さらに炒める。

全体的に火が通ったら、オイスターソース、濃口しょうゆ、料理酒を加える(お好みでこしょう・七味唐辛子も加える)。 水と片栗粉を合わせてフライパンに流し入れ、軽くとろみをつける。

皿に盛り付け、サニーレタスを添える。

レシピ作成:医療法人清永会矢吹病院 健康栄養科

レシピ監修:
東京医科大学腎臓内科教授 菅野義彦先生
・日本臨床栄養学会 理事長
・日本病態栄養学会 理事