亜鉛で元気

亜鉛不足はどうやって調べる?

亜鉛不足は、血液検査で調べることができます。健康な人の血清亜鉛(血液中の亜鉛)の基準値は、日本臨床栄養学会では80~130μg/dLとしていますが、この血清亜鉛値が低下し、体内の亜鉛が不足した状態を「低亜鉛血症」と言います。

血清亜鉛値

日本臨床栄養学会では、血清亜鉛値の適正とされる基準値(正常範囲の目安)を80〜130µg/dLとしています。血清亜鉛値は、一般的に午前中は高く、午後は低い傾向がある(日内変動)ので、検査に際して、午前中に朝食を摂らずに測定することが望ましいです。詳しくは、医師にご相談ください。

亜鉛欠乏症とは
①下記の症状と検査結果のうち1項目以上を満たしている
1)症状(皮膚炎、口内炎、味覚障害等)があらわれている
2)血液検査の血清アルカリホスファターゼ*値が低い
②上記の症状の原因となるほかの病気が見あたらない
③血清亜鉛値が60µg/dL未満
④亜鉛を補充することにより症状が良くなる
    ⇒①~④すべてを満たす状態をいいます。

潜在性亜鉛欠乏とは
上記の①、②を満たし、血清亜鉛値が60~80µg/dL未満の場合

つまり、潜在性亜鉛欠乏症および亜鉛欠乏症の人はすべて低亜鉛血症と言えます。

血清アルカリフォスファターゼ値(ALP)

ALPは、一般的には、肝臓や胆嚢、十二指腸などの検査に使用されます。アルカリホスファターゼが亜鉛を必要とする酵素であるため、亜鉛不足ではこの値が低くなります。(ALPの正常範囲の目安は年齢によって異なります)

低亜鉛血症の治療

低亜鉛血症を治療するには、最初に食事療法を行います。食事療法で不十分な場合には、亜鉛補充療法(飲み薬で亜鉛を補充する治療)を行います。

1.食事療法

 血清亜鉛値が低下していることがわかったら、亜鉛を多く含む食べ物を積極的に摂ることを心がけます。
 亜鉛を多く含む食品には、次のようなものがあります。

【亜鉛を多く含む食品例】

○食事療法の際、一緒に食べると亜鉛の吸収を促進するものと、亜鉛の吸収を妨げるものがあります。
・吸収を促進するもの…肉類、魚類に多く含まれる動物性たんぱく質(グルタミン等のアミノ酸)、ビタミンC、クエン酸、リンゴ酸等を含む酸性の食べ物   
・吸収を妨げるもの…コーヒー、オレンジジュース、カルシウム、未精製の穀類や豆類に多く含まれる「フィチン酸」
○推奨される1日の亜鉛の摂取量は、成人男性10mg、成人女性8mg(妊婦は+2mg、授乳婦は+3mg)です。
○一度、低亜鉛血症になると、食事療法だけでは、血清亜鉛値は改善しにくいといわれています。

2.亜鉛補充療法

血清亜鉛値が低く、食事療法だけでは不十分と医師が判断した場合は、亜鉛製剤(飲み薬)で亜鉛を補充する治療を行います。血清亜鉛値が原則、80μg/dL未満(「同ページの血清亜鉛値」へリンク)で、なんらかの症状が出ている場合、あるいは症状が出てくる可能性がある場合が亜鉛補充療法の対象となります。なお、薬の服用量は血清亜鉛値や症状の有無、症状の程度により調節され、定期的に血清亜鉛値を測定し、効果や副作用をチェックしながら治療を進めます。

○薬の量は、血清亜鉛値や症状によって調節されます。定期的に検査をして、治療の効果や副作用をチェックしながら治療を進めます。
○亜鉛製剤服用時の副作用には次のようなものがあります。 ・吐き気
・腹痛
・銅の欠乏による貧血
・鉄の欠乏による貧血 等
亜鉛製剤の服用により、気になる症状が生じた場合は、医師・薬剤師に相談してください。

亜鉛不足で起こる症状とは?

亜鉛は体内のたくさんの仕組みに関与しているため、不足するとさまざまな不具合がでてきます。
亜鉛不足から起こる症状には次のようなものがあります。

◆ 味覚障害(味覚が鈍くなる、変な味がする)
舌で味覚を感じるのは、舌にある味蕾(みらい)の中の味(み)細胞から味覚神経を通して脳にある味覚中枢へ情報が送られるためです。この味細胞は比較的、短い周期で新しく生まれ変わってきますが、その際に亜鉛が必要となります。そのため、亜鉛が不足すると、この味細胞が新たに生まれてこないため、「味がわからない」、「本来の味ではない味がする」、「何も食べていないのにいやな味がする」、等の味覚障害が起きてきます。また、薬剤の影響で味覚障害が起こる場合もあります。
◆ 口内炎
亜鉛不足で口腔内の免疫力や、たんぱく質合成能力が低下して、その結果、粘膜が弱くなることで、口内炎が起きやすくなります。
◆ 皮膚炎(床ずれが治りにくい、ひどいおむつかぶれ)
亜鉛は皮膚にも多く存在し、たんぱく質の合成に関わっています。そのため、亜鉛が不足すると健康な皮膚が保てなくなり、皮膚炎やかゆみ等、さまざまな皮膚のトラブルが起きやすくなります。また、亜鉛は皮膚に限らず炎症を抑える働きをもつことが、わかっています。
◆ キズが治りにくい
亜鉛はたんぱく質の合成や細胞の再生に関わっているため、不足すると傷の修復力が低下し、傷が治りにくくなります。寝たきりの高齢者等にできる床ずれが治りにくく重症化する人には亜鉛不足が見られます。
◆ 食欲低下
亜鉛が不足すると、胃や腸など消化管の働きが悪くなり、食欲が低下します。食べる量が減るために亜鉛がさらに足りなくなり、悪循環を招いてしまいます。
◆ 脱毛
髪の毛や眉毛等の生えている「地肌」も皮膚の一部なので、皮膚と同じように亜鉛不足により、健康な状態が保てなくなります。亜鉛不足で、毛根の周囲にトラブルが生じ、脱毛が起きます。円形脱毛症では亜鉛不足が多く見られます。
◆生殖(性腺)機能障害(男性の性機能低下、精子減少、不妊)
亜鉛が不足すると、特に男性の性腺(精巣:精子や男性ホルモンをつくる場所)に発達障害や機能不全が起き、精子の減少、性欲の減退等の症状が現れることがあります。亜鉛不足が男性不妊症の原因になることもあります。
◆ 易(い)感染性(免疫力が低下して感染症にかかりやすく、治りにくい)
亜鉛が不足すると免疫機能が低下するため、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。また感染に対する抵抗力も弱くなり、重症化したり、症状が長引く、繰り返し風邪を引く等の症状が出やすくなります。
◆ 発育障害(小児での身長の伸びが悪い)
亜鉛は成長ホルモンや性ホルモン等発育に関するホルモンの産生や働きに関わっているため、子どもに亜鉛不足があると身長の伸びや体重の増加に障害が起こることがあります。
◆ 貧血(赤血球数・ヘモグロビンの減少)
亜鉛は赤血球を作る働きに関係しているため、亜鉛不足の人は貧血になることがあります。
◆ 下痢
亜鉛不足で消化管の働きが悪くなることや、腸の粘膜の免疫機能が低下することから、下痢を起こしやすくなります。
◆ 骨粗しょう症
亜鉛は骨の生成に大きく関わっています。そのため、亜鉛が不足すると骨粗しょう症になりやすくなります。

現代人の栄養状態

「飽食の時代なのに栄養失調」、「新型栄養失調」、あるいは「隠れ栄養失調」というキーワードを聞いたことがある方は多いと思います。厚生労働省が発表している最近の国民健康・栄養調査では、下記のような結果が得られています。

《平成27年の調査》
■若い世代ほど栄養バランスに課題
・主食・主菜・副菜を組み合わせた食事は、若い世代ほど食べられていない傾向にあり、この世代は外食や中食、おやつなどの利用割合が高い。
・とくに20~30歳代の女性では、たんぱく質、カルシウム、食物繊維、カリウムなどの摂取量が60歳以上に比べて少ない傾向がある。

《平成28年の調査》
■高齢女性における低栄養傾向の割合は、この10年間で有意に増加
・65歳以上の低栄養傾向(BMI:20以下)の割合は、男性12.8%、女性22.0%であり、この10年間でみると女性は有意に増加している。
このほか、高齢者の食事量の低下による筋力の低下、妊婦の過剰なダイエットによる低出生体重児の増加などの問題も指摘されています。
食事は健康を保つうえでとても重要です。栄養バランスのよい食事を1日3食とっているつもりでも、実際は難しいかもしれません。

現代人と亜鉛

平成27年の国民健康・栄養調査による亜鉛の1日あたり平均摂取量は、成人は70歳以上の女性以外は、男女とも各年代で推奨量を下回っています。亜鉛は体内で産生できず、食物からの摂取でまかなわなければならないため、偏った食事や極端なダイエットは摂取不足につながることがあります。

日本人の1日あたり平均亜鉛摂取量

20-29歳30-39歳40-49歳50-59歳60-69歳70歳以上
男性推奨量10.0 mg9.0 mg
平均摂取量9.6 mg9.1 mg9.0 mg9.0 mg9.0 mg8.4 mg
女性推奨量8.0 mg7.0 mg
平均摂取量7.5 mg7.1 mg7.3 mg7.4 mg7.6 mg7.1 mg

〔推奨量〕 厚生労働省:日本人の食事摂取基準の概要 2015年版より作表
〔平均摂取量〕 厚生労働省:平成27年 国民健康・栄養調査結果より作表

亜鉛不足の原因はいろいろ考えられます。成長期の子どもは摂取量不足や吸収障害、成人は食事からの摂取量不足や亜鉛の排出を促進させる作用をもつ薬剤の長期服用、糖尿病や慢性の肝臓病などがあげられます。妊産婦や激しいスポーツを行う人も必要量が増加するので亜鉛不足になりがちです。



病院検索