亜鉛で元気

口内炎ができやすい

頬の内側、歯ぐき、のどの奥にできる口内炎は、痛みで食事がとれなくなったり、歯磨きができなくなったり、話すのにも支障をきたします。
口内炎には、アフタ性口内炎、カタル性口内炎、ウイルス性口内炎、カンジダ性口内炎、アレルギー性口内炎など種類があり、もっとも多いのがアフタ性口内炎です。種類によって原因も症状も違い、治療法も異なります。

口内炎の症状と原因

口内炎の原因は、口腔内のキズ、不衛生、体調不良、疲労、ストレス、胃腸障害、アレルギー、ビタミンB群や亜鉛の不足、ウイルス感染など、さまざまです。複数の原因が絡み合って発症したり、はっきりした原因が特定できなかったり、免疫関連の病気によって生じることもあります。

代表的な口内炎 主な症状 原 因
アフタ性口内炎 白い楕円形の潰瘍
痛み
疲労、栄養バランスの乱れ、体調不良、ストレスなど、さまざまな要素が絡み合って発症するが、原因不明もある
カタル性口内炎 炎症 ただれ
ヒリヒリする痛み
義歯(入れ歯)や歯の矯正器具などによる刺激、口腔内の傷に細菌が繁殖して発症
ウイルス性口内炎 赤い水疱
強い痛み
発熱
ヘルペスウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染が原因で発症
免疫力が低下すると発症しやすくなる
カンジダ性口内炎 白い苔状の膜 口腔内に常在するカンジダ・アルビカンスという真菌により発症
抗生物質の長期使用、免疫力の低下などにより発症
アレルギー性口内炎 赤い腫れ、ただれなど 食物、義歯(入れ歯)などの金属、薬物に対するアレルギー反応

口内炎の原因になる睡眠不足、栄養バランスの乱れ、免疫力の低下、口腔内の乾燥、喫煙などは、日々の生活で気をつければ予防できる原因でもあります。疲れがたまったときは熟睡できるように努め、日頃からバランスのよい食生活を続けて、免疫力を低下させないように気をつけることが大切です。

口内炎は口腔内に傷を作らないことが一番の予防です。口腔内の粘膜を傷つけないように、歯の矯正器具や入れ歯が当たるなら歯科で調整してもらう、力を入れた歯磨きをしないなど、簡単にできる予防法はすぐ取り組みましょう。
口腔内を清潔に保つことも大切です。歯の矯正器具や義歯(入れ歯)の洗浄・消毒をこまめに行う、確実な歯磨きを行う、食後はうがいを徹底するなど、ちょっとした心がけでできることは実行しましょう。唾液の分泌量が減少する高齢者は、水分補給で口腔内の乾燥を防ぐことも大事な予防法です。

口内炎と亜鉛の関係

繰り返し口内炎を発症する人は亜鉛不足かもしれません。亜鉛には粘膜を修復する作用や粘膜を保護する作用があることがわかっています。繰り返し口内炎を発症していて、かつ無理なダイエットや偏った食生活に心当たりのある方は、まず食生活の改善が必要でしょう。

病院検索